Posts by Category

Music

Back to Top ↑

Essay

大学4年間を終えて

先日,卒論を提出し,4年間の学部生活を終えた。 今回は,この4年間で僕が何を学んだのか,あるいは,大学に行くことにどんな意味があったのか,高校生の頃の自分に伝えるような感覚で書いてみたいと思う。 というのも,今振り返ってみれば,この4年間過ごしてきた「大学」は,僕が受験生の頃に考えていた「大学」とは大きく違うもの...

進路選択に際してもやもやと考えていること

今年は進路について考える年でした。 年明けの頃には,周りは就活まっただ中,僕自身も進学を決めこそすれどこへ進むかは未定でした。 そして進学先が決まった今も,修士過程を終えた後どうするのかということで悩んでいます。

政治に意見する意義

2日前,集団的自衛権の行使容認が閣議決定されました。 これに関して僕の周りでも様々な意見が出ています。 そんな中,いくつか気になる言葉があったので,これについて少し考えてみたいと思います。 それは,政治に関して「よくわからないから意見すべきではない」,「意見しても何も変わらないからするだけ無駄」,あるいは「口だけ...

「リーダー人材」について

大学である講演のポスターを見かけました。 学生なら誰でも参加できるもので,そのタイトルは「将来リーダーになる君へ」。 なんと,僕が将来リーダーになることを前提として話を進めるそうです。 もちろん,この「君」は僕だけでなく,学生全員を指しています。 しかし,学生全員が将来必ずリーダーになるかというと,決してそんなこ...

ツイッターの不自由

ツイッターを不自由だと感じることがあります。 それを感じるのは,ツイートしたいと思って文章を書いたにも関わらず,最後の「ツイート」ボタンを押せないときです。 ツイッターをしたことのある人は,このような「ツイートしようかと思ったけどやっぱりやめた」という経験が案外あるのではないでしょうか。 なぜ「ツイートしたいのに...

意識高い系と演技

僕は現在大学4回生で,大学院への進学を考えています。 しかし,周りには就職活動をする友人も多く,彼らから就活をしていると見かけるという「意識高い系」と呼ばれる人たちの話を聞くことがあります。 実際,ネット上にはこの「意識高い系」にまつわる言説が数多く出回っています。

「情報と社会を学ぶ」とは

「情報と社会を学ぶ」というのが僕の勉強のテーマであるわけですが,「情報」「社会」なんて2つの単語をただ並べただけではなんのことなのかさっぱりわからないと思います。 かといって,何か具体的な学問領域を学んでいるのかというとそうでもなく,僕自身いまだに自分の関心がどういう学問に向いているのか模索している最中です。 ま...

2020年東京オリンピック

少し遅くなりましたが,2020年東京オリンピックが決まりましたね。 日本人としては喜ばしい限りです。

Back to Top ↑

SF

小松左京『復活の日』

『復活の日』は,「未知の細菌による人類の滅亡」をテーマとして扱った小松左京のSF小説である。 今となってはありふれたテーマであるが,この作品が発表された1964年の日本においては先駆的なものであった。 あらすじは次の通りである。

伊藤計劃『ハーモニー』

僕は20歳のこの時期,ジョージ・オーウェルの『1984年』に衝撃を受け,SFにハマりました。 そして,この伊藤計劃『ハーモニー』を読み終えた時に感じたのは,そのときの感動に引けを取らぬものでした。 ~さんきちについて~の「影響を受けた作品」からも分かるように,僕はSFの中でも特に,ディストピアやサイバーパンクのよ...

ライフログから情報社会を考える(星新一『声の網』を読んで)

最近,ライフログを意識するようになりました。 ライフログ(LifeLog)とは,生活(Life)をデジタルデータで記録(Log)することを指します。 たとえば,食事やレシートを写真に撮るとか,読んだ本や観た映画の記録をつけるといったことです。 Facebookなんかもライフログの一種といえるでしょう。 「いいね」...

〈オデッセイ〉シリーズ(アーサー・C・クラーク)

アーサー・C・クラークの〈オデッセイ〉シリーズ(『2001年宇宙の旅』(1968), 『2010年宇宙の旅』(1982), 『2061年宇宙の旅』(1987), 『3001年終局への旅』(1997))を読みました。 クラークの作品は他に『幼年期の終り』(1953)のみ読んだことがあります。

宇宙戦争(H.G.ウェルズ)

僕たちの世代で「宇宙戦争」といえば,おそらく監督スピルバーグ,主演トム・クルーズの映画を思い浮かべると思います。 今回僕が読んだのはH.G.ウェルズの書いたその原作です。 それは1898年(!)に発表され,これまでに何度もアレンジが加えられてきたSFの古典です。 2005年にはスピルバーグのものを含め,この『宇宙...

Back to Top ↑

Dev

Back to Top ↑